2018/02/25 14:39

 


今年もこの季節がやってきました

ブソルのベーシックカーデガン。

 

 

 


今年の新色は

春の訪れを知らせてくれる

「ライラック」の花の色。


グレイッシュな淡い紫色。

 

 

 


そして

定番色より使いやすいと評判の

鮮やかな真っ青「ブルー」。

 

 

 


黒よりも軽く見える

「スミクロ」。


ワードローブに

今年は何色を足そうかな。

 

 

 


color

色は3色。

ライラック、ブルー、スミクロ。

 

 

 


design 

ジャケットに近い雰囲気がありながら

リラックスして着られるようにと

デザインしたカーデガン。 


燕尾服をイメージした裾のカーブと

着た時に、落ち方がきれいなポケットが特徴。

 

 

 


pattern

気を付けたのは、大人の女性が

着やすいよう考えた袖のゆとり。

インナーが着られるゆとりがありながら

肩から二の腕がきれいに見えます。

 

 

 


fabric


「デイリーに着るカーデガンこそ上質なものを」と

選んだ綿100%。

ふんわりとした柔らかな肌触り

「made in Japan」の良さが詰まった国産糸です。

 

 

 

 


snap

前開きはスナップひとつで留めます。

スナップは直径2.2センチと少し大きめ。

本体と同色の生地でくるまれています。 

 

 

 

 


sleeve

袖口のリブは15センチと長め。

袖丈も73センチと長めで

着ると袖がクシュクシュ。

 

 

 

 


lilac

グレイッシュな淡い紫色。

淡い優しさがありながら

甘くならずにクールな紫。


国産糸ならではの落ち着いた仕上がり。


カジュアルコーデやネイビーとも相性が良く

ブラックコーデに羽織って

セミフォーマルな席にも使えます。

 

 

 


blue

鮮やかな真っ青「ブルー」。

白いシャツやTシャツと合わせると

元気になれそう。

 

 

 


sumi-kuro

真っ黒ではなく、一段チャコールグレー寄りの

「スミクロ」。

黒いカーデガンと変わらぬ使い方で

でも、黒よりも軽く見えます。

 

 

 


hem line

後ろ身頃の裾は、外側に向かって

くるんと巻かれています。

 

 

 


style up

裾のカーブと長めの後ろ着丈(70センチ)が

ヒップラインを上手に隠してくれます。

ゆとりがありながらスッキリ見えて

イイ感じなのです。

 

 

 


made in japan

日本の水、日本の空気で染まった色なので

どこか落ち着きがあって、馴染みやすい色。 


コットンの気持ちよさが味わえるカーデガンです。

 

  • Home
  • About
  • Blog